「仕事が続けられません。」
「他の会社に移りたい。」

 不思議なもので、同じような相談を続けて受けることが、よくあります。

 今回は、同じような悩みでしかも、原因も近い相談。
 いずれも原因を先に言ってしまうと、下の2点。

  1. 目標が近いこと
  2. 目標の更新をしていないこと

 標題からは、習慣化に問題あるのかと思われます。
 もちろんそういう場合もありますが、今回は目標設定の問題でした。

そもそも、目標が近すぎるのです。

 就職することや採用されることに目標を置くと、仕事に就いた時点で目標が達成してしまいます。
 就いた仕事でやりたかったことが、すぐにできてしまうところに設定してしまった場合でも同様です。

 目標が無くなった状態では、仕事を続ける気力は持ち続けられません。
 今の仕事がつまらなくなって辞めたくなったり、他の仕事や職場に目移りしてしまいます。

ですから、目標は更新も必要なのです。


「就職して働く以上は、そんなにすぐに目標を失ったりしない。」
「ちゃんと長期的な目標も建てている。」
という方も多いでしょう。

 そんな方にも罠が待っています。

 長期的な目標もいつかは、あと少しで達成!というときが来るでしょう。
 そうなったとき、急に力が抜けてしまいます。
 その「あと少し….」が、なかなか詰まりません。

 目標の更新は、達成する前に。
 達成できる手応えを感じはじめたら、更新を考えることを薦めています。

 もちろん「仕事が続けられない。」「他の会社に移りたい。」と考える理由は他にもたくさんあります。
 そのときの対処法についてのお話しは、その思いに従うか考え直すかを含めて、また別の機会に。

 私が『 目標の置き方 』セミナーでお話ししていることをやっていただければ、気力やモチベーションを途切れさせること無く、行動を続けることができます。

 質問や尋ねたいことがあれば、連絡ください。
 文章でできる範囲であれば、お応えします。
 個別の深いお話しでしたら、『ラウンジ』で。