このサービスの強みの1つである『認知科学 (Cognitive Science)』とは、人の思考のプロセスを科学的に論じたものです。

 人が五感で捉えた情報を、脳(心)がどのようにその情報を処理し、次の思考や行動に至るのか、その過程を科学的に調べまとめられたもので、『科学』であることから、極めて論理的であり、かつ原理原則に則ります。

 これは、再現性に優れているということであり、人であれば同じ現象が起こるため、誰にでも一定以上の効果をもたらすことができます。

 過去データや経験を基にした手法とは大きく異なり、時間が経っても古くならず長い将来にわたって応用力を発揮できる、未来に働きかけることができるということが、他の手法にはない特徴です。

 だからと言って、私のコンテンツを知恵として取り入れるために、認知科学を理解しなければならない、ということではありません。

 本来、世界でトップレベルの頭脳を持つ学者達が研究を続けている分野、ようやく私たちが利用できるだけ、解りやすい説明が可能になったということ。

 私は皆様より少しだけ早く、認知科学の使い方を知り、それを広げる立場にいるのです。

 13歳からの教育プログラムにも応用されており、そのプログラムで多数登壇している私が、現実的な考え方や具体的な行動に落とし込んでお伝えしますので、ご安心ください。

 

 認知科学は、1970年代に当時の人工知能の開発のため、『脳と心』について研究されたことが始まり。

 コンピュータープログラムとして構築するために、人の思考プロセスを、関数(数式)化することに挑戦しました。

 諸事情により、この思考プロセスの関数化による人工知能の実現は、一旦中止になりましたが、人の思考プロセスを関数として扱うことは便利だということで、認知科学はこの関数主義をトレンドに研究され続けてきました。

 認知科学による、思考のプロセスとはどのようなものでしょうか?

 人は、五感で情報を得たと『意識』します。
 その情報を『無意識』に問い合わせます。
 『無意識』からの返答によって判断し、私たちは次の思考や行動を『意識』します。

 こうしてみると、人の思考のプロセスは、ほぼ『無意識』の中で行われていることが解ります。

 意識と無意識はよく氷山に例えられます。
 意識と比べて、無意識の方が圧倒的に支配的であると、あらゆる研究から判っています。

 無意識の振る舞いを理解することで、私たちは『脳と心』の大きな力を引き出す方法が判ったのです。

 認知科学という本来理解が難しい学問が、私たち一般の人でも使いやすいように熟れてきたのは、今世紀になって10年近く経ってから。

 まだまだ世の中に出ていない、最先端の知識です。